エステ脱毛よりも安心できると言われている医療脱毛ですが、初めて脱毛する方にとっては不安が大きく 心配なことも多いかと思います。
そこで、初めての方でも安心して頂くべく、医療レーザー脱毛の流れをご紹介します。

カウンセリング

評価脱毛クリニック

脱毛を受ける前に、まずはカウンセリングを行います。
カウンセリングを手間だと感じる人や、カウンセリングの簡潔さを売り文句にするようなクリニックもありますが、カウンセリング は患者と医師が互いの情報を共有するための大切な場です。
特に脱毛など、保険適応外の自由診療の場合はカウンセリングをじっくりと行い、インフォームド・コンセントを実践しているクリニックを 選ぶとよいでしょう。

カウンセリングの大切さ


カウンセリングは医療クリニックで脱毛を受ける上でとても重要な過程です。医療クリニックで使用されるレーザーは威力が強いのでクリニックのスタッフは患者様一人一人の肌の調子や性質をしっかりと把握し、特徴に合わせた治療を提供していきます。

医療クリニックのレーザーは出力が高いとご紹介しましたが、そのため、医師の資格がないと扱うことができません。あくまで医療行為だということです。しかし、効果は抜群です。 エステサロンの脱毛と比べ、確実な効果があり、満足度は比較にならないほど高いです。

医療レーザー脱毛は医療行為なので危険が伴います。患者様に安心して脱毛を受けていただくためにカウンセリングを丁寧に行います。医療行為である脱毛は一歩間違えばトラブルを招きます。情報が溢れている現在では、このことは患者様も知りえているので、安心してもらうことはとても重要な過程です。そのためのカウンセリングではしっかりとした信頼関係を池袋の機関は構築することに尽力しています。

診断

永久脱毛

カウンセリングを終えたら、次に体調や脱毛箇所などの診察を行います。
アレルギー体質、もしくはアトピー肌などの場合は診察で症状を確認し、症状が悪化している場合はまず治療を行うことも あります。クリニックによっては脱毛自体をお断りする場合もあります。
診察の後はレーザーの強さなどを設定し、設定した強さで問題がないか、アレルギーが出ないかなど必要に応じてテスト照射を行います。

レーザー照射

永久脱毛

カウンセリングや診察に基づき、レーザー照射を行っていきます。
脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応するため、まずは目を保護します。
照射の際、レーザーが反応するのは毛が持つ黒い色のみですが、熱のエネルギーは周辺にも伝わるため、輪ゴムを 軽く弾いたような痛みや熱を感じることもありますが、我慢できないほどの痛みではありません。
痛みが強い場合には、麻酔クリームを使用することも可能です。

アフターケア

永久脱毛

脱毛後は患部が熱を持ち、赤みを帯びているため冷却を行います。
また、乾燥しやすくなっているためローションや軟膏の塗布を行う場合もあります。
冷却を行っても患部の毛穴が赤い点のようにポツポツと見える場合がありますが、数日で消えると言われています。
落ち着くまでの間に日焼けをしてしまうと、シミのように跡が残ってしまう可能性があるため、脱毛後は 日傘などで十分にUVケアを行いましょう。